078-219-3647

※不在の場合、折り返しご連絡致します。

対応時間
9:00~18:00
定休日
土・日・祝日

※事前予約で時間外対応も可能です。

後見人 財産/神戸ポート法律事務所

神戸ポート法律事務所 > 相続に関するキーワード > 後見人 財産

後見人 財産

  • 遺産相続手続きの流れ

    ④戸籍の確認と相続人の確定、相続財産の調査被相続人の戸籍を調べて、誰が相続人となるのかを確認しましょう。また、相続財産(遺産)にどのようなものがあるのかを調査する必要があります。これらの作業は、案外重要なことで、例えば突然腹違いの子どもが現れたり、相続手続きが終わってから多額の借金が見つかったりすることもあるので...

  • 遺言書を作成する必要性について

    もし遺言書がないと、相続人の話し合いによって、誰がどの財産を相続するのかを決めます。穏便に解決できれば問題ありませんが、相続財産が数百万円あるいは数千万円となることもあるため、遺産をめぐって親族間でトラブルが生じることも少なくありません。このようなトラブルは、どれだけ仲のよい家族であっても生じますし、遺産がそこま...

  • 成年後見制度を利用するメリット

    法定後見は、家庭裁判所が成年後見人等を選任するというもので、本人の判断能力に応じて「後見」「保佐」「補助」の3類型があります。他方、任意後見は判断能力が落ちる前に本人があらかじめ後見人を選任しておくというものです。選任に際して、後見人になる方と契約を締結し、話し合いで決めた内容を書面にします。任意後見制度を利用す...

  • 家族信託とは

    家族信託とは、信頼する家族に財産を託し、その管理や処分を代わりに行ってもらうという仕組みです。家族信託では、「委託者」「受託者」「受益者」の3者が関わることになります。それぞれの役割は以下のようになります。・委託者とは、財産の所有者で、受託者に財産の管理・処分をゆだねます。・受託者とは、委託者から財産を引き受け、...

  • 離婚の種類とは

    協議離婚の場合は、慰謝料や財産分与の額を定める必要がなく、離婚届の提出だけで成立しますので、慰謝料や財産分与の額は別途に定める必要があります。離婚届を提出する前に、離婚の条件をあらかじめ決めておかないと、離婚が成立した後で、期待通りの離婚条件に応じてもらえないという恐れがあるからです。 なお、未成年の子供がいる場...

  • 債務整理を弁護士に依頼するメリット

    裁判所に提出する書類は、財産調査などの作業を経た上で自ら作成する必要があるものが多く、各書類は裁判所によって定められた厳格な書式に従わなければなりません。専門的な知識と経験がなければ相当の時間がかかってしまうのです。しかし、弁護士に依頼すればこれらの作業を任せることができますから、面倒な事務作業に悩まされることは...

  • 自己破産のメリットとデメリット

    ・保有する財産を清算しなければならない自己破産では保有する財産を清算し、出来る限り債権者に還元しなくてはなりません。そのため、不動産や自動車などの高額な資産は手放す必要があるのです。 ・破産手続中に就業制限がある破産手続中は、警備員や生命保険募集人などの職業に就業できなくなります。意外な職業が就業制限に引っかかっ...

  • ギャンブルや浪費などの理由でも債務整理はできる?

    また、破産管財人に協力しなかったり、清算対象となる財産を隠すといった手続きの妨害行為を行った場合にも免責が与えられない可能性があります。 免責不許可事由に該当する借金がある場合は、正直に弁護士へ相談しましょう。ギャンブルや浪費による借金があったとしても、裁判所は債務者本人の態度や事情を汲んで免責許可決定を出すこと...

  • 自己破産を弁護士に依頼した場合の流れや必要書類

    自己破産とは、債務者の財産を清算するとともに、債務者の経済生活について、再生の機会を確保する債務整理の手段をいいます。破産手続きの開始原因は、支払不能や債務超過とされており、これは、債務者の資産と負債の関係ですでに十分な債務弁済能力が欠如している状態においては、債権者に対する公平な弁済を行う必要があるということか...

  • 遺留分とは?

    遺留分とは、一定の相続人に留保された相続財産の一定の割合であり、被相続人の生前処分または死因処分によって奪うことのできないものをいいます。これは、本来は、被相続人がその財産を生前にどのように処分し、あるいは死後の帰属をどう定めようと自由なはずですが、被相続人の財産に依存していたものに対する生活保障や、被相続人の財...

  • 相続法改正のポイントを分かりやすく解説します!

    改正個所として、まず、配偶者が相続開始の時に居住していた被相続人の財産に属した建物について、配偶者の居住権を長期的に保護するために、配偶者が原則として終身、その居住建物を無償で使用することができる、配偶者居住権という権利が創設されました。 また、遺産分割についても改正がされました。例えば、婚姻期間が20年以上の夫...

よく検索されるキーワード

代表弁護士紹介

小西弁護士の写真
代表弁護士
小西 裕太(こにし ゆうた)
所属団体
兵庫県弁護士会
ごあいさつ

当ホームページをご覧いただきありがとうございます

私は兵庫県神戸市を中心に、芦屋市、西宮市、三田市、大阪府にお住まいの方から相続、離婚、交通事故、借金などの法律相談を承っています。

ご相談者様のお話しを丁寧にお伺いし、最善の解決策の提案ができるよう心がけておりますので、法律問題でお困りの際は一人で悩まずお気軽にご相談ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

プロフィール

2017年 弁護士登録

大阪の法律会計事務所に勤務後、2018年に神戸ポート法律事務所を開所

事務所概要

名称 神戸ポート法律事務所
所属 兵庫県弁護士会
代表者 小西 裕太
所在地 〒651-0056 兵庫県神戸市中央区熊内町9丁目
電話番号/FAX番号 TEL:078-219-3647 / FAX:078-336-3392
対応時間 10:00~18:00(事前予約で時間外対応も可能です。)
定休日 土・日・祝日(事前予約で時間外対応も可能です。)

ページトップへ