078-219-3647

※不在の場合、折り返しご連絡致します。

対応時間
9:00~18:00
定休日
土・日・祝日

※事前予約で時間外対応も可能です。

交通事故 裁判 保険会社/神戸ポート法律事務所

神戸ポート法律事務所 > 交通事故に関するキーワード > 交通事故 裁判 保険会社

交通事故 裁判 保険会社

  • 遺産相続手続きの流れ

    自筆証書遺言の場合は、家庭裁判所へ検認を申し立てる必要があります。④戸籍の確認と相続人の確定、相続財産の調査被相続人の戸籍を調べて、誰が相続人となるのかを確認しましょう。また、相続財産(遺産)にどのようなものがあるのかを調査する必要があります。これらの作業は、案外重要なことで、例えば突然腹違いの子どもが現れたり、...

  • 遺言書を作成する必要性について

    当事務所は、神戸市を中心に、芦屋市、西宮市、三田市などの地域で、様々な法律分野に幅広く対応しています。神戸ポート法律事務所は、相続・遺言に関するご相談に承ります。事前にご予約いただければ土・日・祝日も対応可能ですので、相続、交通事故、離婚、債務整理などでお困りの際は、神戸ポート法律事務所までお尋ねください。

  • 成年後見制度を利用するメリット

    成年後見制度とは、認知症や知的障害などの精神上の障害により、判断能力が十分でない方が不利益を被らないよう、家庭裁判所に申立て、その方をサポートしてくれる人をつけてもらう制度です。成年後見制度には「法定後見」と「任意後見」があります。法定後見は、家庭裁判所が成年後見人等を選任するというもので、本人の判断能力に応じて...

  • 家族信託とは

    当事務所は、神戸市を中心に、芦屋市、西宮市、三田市などの地域で、様々な法律分野に幅広く対応しています。神戸ポート法律事務所は、家族信託に関するご相談に承ります。事前にご予約いただければ土・日・祝日も対応可能ですので、相続、交通事故、離婚、債務整理などでお困りの際は、神戸ポート法律事務所までお尋ねください。

  • 交通事故の示談交渉を弁護士に依頼するメリット

    示談交渉を弁護士に依頼することで、現在保険会社から提示を受けている提示額よりも増額できる可能性があります。交通事故の被害に遭うと、多くの場合、加害者側の保険会社と示談交渉をして、解決を図ることになります。その際、相手方の保険会社は「任意保険基準」という基準をもとに慰謝料を計算します。「任意保険基準」というのは、慰...

  • 交通事故の過失割合とは?

    交通事故が起きた際、被害者側に過失があれば、その責任の度合いを加害者側の過失と比較しながら算出します。このようにして算出したものを「過失割合」といい、被害者側の過失があれば、その割合に応じて損害賠償金が減額されることになります。例えば、賠償金の額が全体として1000万円と認められる場合に、加害者側の過失と被害者側...

  • 後遺障害の等級認定までの流れ

    ・「事前認定」:相手方の保険会社に申請手続きを任せる方法の2つがあります。事前認定は、相手方の保険会社が申請手続きを行ってくれるため、被害者に負担がかからないというメリットがありますが、適切な等級認定が行われない可能性があります。そのため、状況に応じては被害者請求による申請方法の方がよい場合があるでしょう。手続き...

  • 自動車保険の弁護士特約を利用する

    交通事故の被害に遭った場合は、自動車保険の弁護士(費用)特約を利用することをおすすめします。交通事故事件では、様々な要素が複雑に絡み合って生じるケースが少なくなく、トラブルを解決するには、過去の判例などの知識や交渉力が必要となります。そのため、加害者側の保険会社と示談交渉をする際や、訴訟に発展した際は、法律の専門...

  • 離婚の種類とは

    類型は協議離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚の4類型であり、裁判離婚が和解離婚、認諾離婚、判決離婚の3種類に分かれることで、全部で6種類となっています。 日本で成立している離婚類型のうち、最も多いのが協議離婚であり、90%以上を占めています。次に多く成立しているのが調停離婚であり、全体の10%弱を占めています。

  • 離婚を拒まれても離婚成立できる条件とは

    その条件は5つあり、家庭裁判所で行われる裁判離婚においては、その各条件と実際の夫婦の状況を照らし合わせて判断していきます。 条件の1つ目が、「不貞行為があること」です。ここで一点注意すべきことは、不貞行為があった時点ですでに夫婦関係が破綻していた場合に、その不貞行為が離婚への理由として認められない可能性があるとい...

  • 子どもの養育費と面会交流はどう決める?

    そのような際には、家庭裁判所による審判にて養育費を決定します。 家庭裁判所の調停や審判において養育費について決定することであれば、執行力のある債務名義と同じような効果があるため、もしもの場合には法的効力を課すことも可能です。 次に、面会交流についてですが、面会交流とは、離婚後に子供を養育していない親の方が、子供と...

  • 債務整理の種類とは?

    任意整理がどのようなものであるか簡単に説明しますと、裁判所を介さずに直接金融業者と交渉をして借金を減額して貰うという手続きになります。交渉が成功すると、支払いが可能な程度に月々の支払金額を減額でき、場合によっては遅延損害金や将来利息の支払いが免除されることもあります。なお、借金を36~60回の分割返済とする和解条...

  • 債務整理を弁護士に依頼するメリット

    個人再生や自己破産といった裁判所を介する手続きでは、大量の書類を用意しなければなりません。そのうえで裁判所へ出向いて書類を提出し、申立てが受理されたのちは裁判所の要請に応じて出廷する必要があります。それだけ労力と時間がかかる手続きなのです。裁判所に提出する書類は、財産調査などの作業を経た上で自ら作成する必要がある...

  • 自己破産のメリットとデメリット

    自己破産は裁判所から免責を受けることで借金義務が免除されます。実質的に借金を帳消しにできるということです。しかし、その一方で保有している資産を清算しなければいけません。大きなメリットがある反面、デメリットもある。ここでは自己破産によるメリットとデメリットを詳細に見ていきます。 ○メリット・実質的に借金を帳消しにす...

  • ギャンブルや浪費などの理由でも債務整理はできる?

    ギャンブルや浪費による借金があったとしても、裁判所は債務者本人の態度や事情を汲んで免責許可決定を出すことができるのです。かえって事情を隠してしまうと手続きを妨害していると認定されてしまい、免責不許可事由を強固にしてしまいます。 相談当初から免責不許可事由に該当するかもしれないことを弁護士に説明しておくと、適切な準...

  • 不動産トラブル

    法律知識だけでなく、これまでの豊富な裁判経験と不動産トラブルへの知見をもとに各事案に対して真摯に向き合います。 神戸ポート法律事務所は、兵庫県神戸市・芦屋市・西宮市・三田市を中心に大阪府などにおいて、皆さまからのご相談を承っております。不動産トラブルでお悩みの際は、当事務所までお気軽にお問い合わせください。実績豊...

  • 債権回収

    債務者が請求に任意で応じてくれれば大きな問題には発展しませんが、そうでない場合には差押などの方法を採ることになり、最終的には裁判所の力を借りることになります。 こうした事態を回避するための手っ取り早い方法は売掛金での取引をせず現金のみとすることですが、現実的な方法とは言えません。様々な企業と契約を結び取引をしてい...

  • 遺留分とは?

    遺留分の放棄については、相続開始前に行う場合は家庭裁判所の許可が必要で(民法1043条1項)、他方、相続開始後であれば家庭裁判所の許可は必要ありません。また、遺留分の放棄は相続の放棄ではないので、相続人としての地位は失わず、共同相続人の1人が遺留分を放棄しても、他の相続人の遺留分には影響を及ぼしません(民法104...

よく検索されるキーワード

代表弁護士紹介

小西弁護士の写真
代表弁護士
小西 裕太(こにし ゆうた)
所属団体
兵庫県弁護士会
ごあいさつ

当ホームページをご覧いただきありがとうございます

私は兵庫県神戸市を中心に、芦屋市、西宮市、三田市、大阪府にお住まいの方から相続、離婚、交通事故、借金などの法律相談を承っています。

ご相談者様のお話しを丁寧にお伺いし、最善の解決策の提案ができるよう心がけておりますので、法律問題でお困りの際は一人で悩まずお気軽にご相談ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

プロフィール

2017年 弁護士登録

大阪の法律会計事務所に勤務後、2018年に神戸ポート法律事務所を開所

事務所概要

名称 神戸ポート法律事務所
所属 兵庫県弁護士会
代表者 小西 裕太
所在地 〒651-0056 兵庫県神戸市中央区熊内町9丁目
電話番号/FAX番号 TEL:078-219-3647 / FAX:078-336-3392
対応時間 10:00~18:00(事前予約で時間外対応も可能です。)
定休日 土・日・祝日(事前予約で時間外対応も可能です。)

ページトップへ